豊胸手術はしたくない!手術しないで胸を大きくする方法を探すブログ豊胸手術はしたくない!手術しないで胸を大きくする方法を探すブログ

豊胸手術はしたくない!手術しないで胸を大きくする方法を探すブログです バストアップサプリやマッサージジェル、胸を大きくするといわれている鶏肉やキャベツなどを食べるとどうなるのか?日々豆乳を飲みながら考えています

肩甲骨の歪みを直すエクササイズを1

肩甲骨の歪みを直すエクササイズを1年ほど続けて、胸が3カップもサイズアップした人がいます。



胸が小さくて悩んでいる人は実践されることを推奨します。エクササイズやストレッチのときには、はりきりすぎないことが重要です。特にストレッチは無茶をしてやろうとするとかえって悪くなることもあります。バストアップしようと思ったら湯船につかる習慣をつけてみませんか?お風呂に入って身体を温めることで血の巡りをよくすることができますから、当然、バストにも栄養が届きやすくすることができます。この状態からバストアップのためにマッサージを行えばいつも以上に効果を感じることができます。忙しくてそんな時間ない!という時は、シャワーを使うことでバスト周辺の優しくマッサージするだけでも違うはずです。豆乳には女性ホルモンの種類の一つエストロゲンと近い働きをするイソフラボンと呼ぶ成分が含有されています。イソフラボンをとるとエストロゲンが活発に分泌されるため、バストを大きくする効果が期待できます。

またさらに、豆乳には良質なタンパク質が含有されているというのも胸を大きくするのに有効であるといわれている理由です。

今からイソフラボンの摂取に際する副作用について調査を行いました。
イソフラボンはバストのサイズアップなどに効果が期待できるといわれているので、評価が高いです。でも、あまりにもたくさん摂取しすぎると血液中のホルモンの値が高くなってしまいます。


1日分の目安は50mgと定められています。



小さいバストの家系なのではなく、バストアップを妨げるような生活習慣を継続している可能性もあります。

最初は、食生活を中心に生活の見直しをしてみましょう。その後に、バストアップにいいといわれることを地道に継続してみてください。一日や二日で胸の大きさを変えることはできませんが、継続することでちょっとづつバストアップしてくるはずです。

豊満な胸にする手立ては多々あるようですが、短期間で確実に成果が上がるというふれこみの方法だと、高いリスクに、お金を払うようなものです。一例をあげれば、豊胸の手術ということになると、求めていたような美しい胸にするのは容易ですが、思いがけないような症状が出たり、バストが大きくなったことに気づかれるかもしれません。


簡単にできることではないかもしれませんが、時間をかけて少しずつゆっくりと、自分の胸を育ててあげる気持ちが大切です。


豊胸手術をするにはメスを入れたり、注射も使用するので、感染症のリスクもあります。

確率は非常に低いものですが、いかに衛生管理をしていたとしても、全く大丈夫とは言い切れません。さらに、プロテーゼの挿入やヒアルロン酸注入でも、後遺症の恐れが発生します。

100%安全でバレることのない豊胸方法はない、ということです。



学生時代から、ピップエレキバンでバストをアップさせられるという話が実在します。
効きめには個人の差があるそうで、実際にやってみてバストアップできた人もいれば、効果を実感できなかった人も実在します。しかし、手軽に手に入れることができるものなので、試しに使ってみてもいいかもしれません。「だん中」、「天渓」といわれるツボにエレキバンを貼り付けてみましょう。
豆乳は胸を豊かにするのに効果があるとして知名度が高いですね。豆乳は大豆イソフラボンを多く含み、女性ホルモン的な働きをするらしいです。

近頃は、豆臭くなくて飲みやすい豆乳が作られていますから、豆乳の摂取に前向きに取り組んでみるのも効果的でしょう。

とはいえ、豆乳ばかりたくさん飲みすぎるのはよくないので注意しましょう。

胸のマッサージをやろうと思ったときに、かっさプレートを用いると手を使ってのマッサージより力が伝わりやすく疲れにくいというメリットがあります。



あまり耳慣れない道具なので、どこで手に入るのか分からない方もたくさんいるとは思いますが、簡単に通販で手に入ります。

家にあるれんげでもその代わりとなるため、無理に手に入れる必要はありません。

関連記事